2018年12月07日

平成最後の………

鈴木アイコン.png平成も残り少なくなってきましたね。

昭和から平成に変わった時代は、振り返ると正に時代の変化を感じる出来事が沢山ありました。
印象に残っているものだと、美空ひばりが亡くなり、千代の富士が貴花田に負けて引退しました。
これからどうなるのだろうと不安が大きかったように思います。
当時、私は10歳です。

子ども達の間では、ミニ四駆の全盛期でしたが、ここからブームは下火になっていきます。
人々の興味というのは変化していくんだなぁと寂しさ感じました。
当時、私は10歳です。

鉄骨飲料という今でいうところのエナジードリンクも流行りました。
毎日、忙しなく働くサラリーマン。
仕事終わりにノーパンしゃぶしゃぶにジュリアナ東京。
疲れますよね。
そんなあなたに“鉄骨飲料”!
サラリーマンには必要なのは体力なんだなぁとCMを見るたびに思いました。
当時、私は10歳です。

経済はというと、日本は所謂 “平成景気” でバブル経済に突入していました。
しかし、皆さんご存知のとおりバブルは弾け、日本は平成不況と呼ばれる長い不景気の時代に入っていくわけです。
当時、殆どの人が、景気が悪くなるとは思っていなかったことでしょう。
しかし、あまりの好景気に私は名状しがたい不安を覚えたことを記憶しています。
当時、私は10歳です。

兎に角、ひとつの時代が終わったことは間違いないでしょう。
そして、また新たな時代が始まります。
平成のラストスパートかのように、各メディア等が最近、様々なものに対して「平成最後の○○」というワードを使っています。
「平成最後の夏」、「平成最後の宝くじ」、「平成最後の紅白歌合戦」といった具合に。
なんでも付ければいいってものじゃないと思うんですがね。
「平成最後のボジョレ・ヌーボー」とか、金儲けの臭い振りまき過ぎて吐いてしましそうですよ。
お酒だけに。
わけわかめですね。ゆるしてチョンマゲ。
そもそも、私はボジョレ・ヌーボーなんてハイカラなお酒飲んだことないだっちゅ〜の。

話が脱線しそうなので、お口にチャックしておさらばします。
では、ばいなら。
posted by ぷーりん at 09:24| 日記

FDトランスファー

honjo-icon.png皆さんは『FDトランスファー』をご存知でしょうか? 昭和の時代にNTTによって作られたデータ転送装置の傑作です。
えっ!? データ転送? それの何が面白いの? ……とお思いでしょう。

実は、当時(1985年頃)としては画期的な装置で、フロッピーディスク(以降FD)を仕事で使っていた私も大変お世話になったんですよ。
その頃はまだ一般的にはインターネット環境は無く、データの受け渡しには大変重宝していました。

その装置の正面左側に3.5インチのFDスロットが、右側には5インチのスロットが見えます。ちなみに弊社では外付けの8インチ2スロットも設置しておりました。

使い方は簡単で、受信側のFDトランスファーに送信側と同等のFDを差し込んで、まず受話器で受信側へ電話をします。
受信側がFDを差し込んでいるのを確認したら、転送のボタンを押すだけでFDの中身がそのまま転送できるのです。

なんとも素敵な昭和の産物になりました。
そういえばマンハッタン・トランスファーって今も歌ってるのかなぁ〜。
名前が似ているので思い出しちゃいました(笑)fd-Transfer.jpg
posted by ぷーりん at 08:40| 日記

2018年12月06日

アマゾンで“128円”のサファリハットを買いました。

鈴木アイコン.png先日、アマゾンでサファリハットを買いました。
なんと送料含めて317円でした。
商品だけならなんと128円…すごいなアマゾン。
中国から発送するとのことで不安もありましたが安いしいいかと思い注文しました。

それから数日後、送られてきましたよ【マウスパッド】が!
伝票に【Mouse pad】と記載されていました………

中を開けてみると

注文したサファリハットでした。

おしまい
posted by ぷーりん at 10:29| 日記

2018年12月05日

例え上手

鈴木アイコン.pngどうもポテトです。
先日、ある方から「たとえ上手だね」と言われました。
前々からたとえ話にはちょっとした自信があったので、やっぱりかと我が事ながら納得しました。

そこで今回、皆さんにたとえリストとしてたとえ話を披露させていただこうというわけです。

それでは、いってみましょう。

電車で寝過ごしてしまった時など皆さんも経験あるでしょう。
そんな時の心境をたとえ話にしてみましょう。
「うわぁ、やっちまったぁ」という心境ですね。

旅行先で財布……いや違うか

ラーメン食べてたら…隣の客が………じゃない。

えーっと、
旅行先で会社の同僚と………じゃなくて、

掃除機をかけていたら………でもなくて、

んん……あっ

居酒屋で? 居酒屋から? ………

ちょっと、次の例題に行かせてください。
1問目からハードなものにしてしまいました。
安心して下さい。最終的には1問目も答えますから!

では、2問目。
旅行先で財布を落としてしまった時の状況でいきましょう。
「うわぁ、やっちまったぁ」という心境ですね。

30代の友人がプリクラから………ではなくて。

すっごい大きなクワガタ………とかは関係なくて。

カレンダーに誕生日の書き込み………なんて書いてなくて。

んーーーー、どうしよう………

2問目は皆さんに理解できそうにないので、次のに変えますね。

3問目。
ラーメン食べてたら、隣の客が自分の好きな味噌ラーメンを頼んでて、でもその時には自分は醤油ラーメンを注文済みだった瞬間。
「うわぁ、やっちまったぁ」という心境ですね。

ペンキ塗り立ての………えーっと…

パン屋さんから………

うーんと、近所の猫が………

と思わせといて、
銀行に行ったら………んー

あっ、とにかくウンチ踏んじゃった!
みたいな感じ!!!

ふぅ〜

な?

どうよ?

ん?

この後予定あるから今日はこのくらいで!
posted by ぷーりん at 10:46| 日記

もうすぐクリスマス、そしてお正月ですね。

honjo-icon.png仕事が終わって帰宅しようとエレベーターで1階へ降りると、エントランスにはクリスマスツリーが飾られていました。
ほっと一息、癒やされますね。
日本は海外の慣行・慣例事を上手に取りこんで、素敵な国だと思います。
まあ、渋谷のハロウィンは色々と問題事も多いようですが、
これからもトラブルなどのない慣例事が続くといいですね。
IMG_20181203_195140.jpg
posted by ぷーりん at 08:33| 日記

2018年12月04日

デッド オア ドライブ

鈴木アイコン.png少し、昔話をしようと思う。

私が18歳くらいの頃、友達と二人でドライブをしていた時の話だ。

当時、若かった私達はお金もなかったので、やることがない時は意味もなく“ドライブ”という遊びをしていた。

東京などの大都市に住んでる方には伝わらないかもしれないが、地方の18歳といえば車を乗り回している年代だ。

なぜなら、車が無いと仕事が無い。
これが所謂、《地方のダブル無い》である。
語呂が良いから「仕事が無い」と書いたが、正確には「仕事へ行けない」だ。
もっと確実な言い方をするなら「就職できない」である。
だから、上で述べた《地方のダブル無い》は見当違いな言葉だ。
そりゃあそうでしょう。だって、今思いついて作った言葉なのだから。

まぁ、そういうわけで、地方の若者が《ドライブ》という遊びをするのは至極普通のことだった。

その日も、やる事もなく、お金もなく、当てもなく、《ドライブ(Drive)》をしていた。いや、《トライブ(Tribe)》といってもいいかもしれない。違うな。あれは《アライブ(Alive)》だった。私たちにとっての《アライブ》だ。

深夜の国道を男二人。車という密室空間に男と男。ボーイ ミーツ ボーイだ。

友達ボーイの乗っていた車はマーチ。
当時、マーチといえば若い女の子に人気の小型のかわいらしい車だった。
しかし、その車の所有者は、身長180cmをこえるムキムキのボーイだ。
ボーイというよりは《BOØWY》だった。
そんな彼の名前はヨシキだ。
《YOSHIKI》。
もう一度言おう。

《BOØWY》の《YOSHIKI》だ。

もはや意味がわからない。
べつに上半身裸でドラムを叩いたり、ダイブしたり、破壊癖があるわけではないが、髪の毛の色は《紅》だった。

想像してほしい。長身マッチョの赤髪の《YOSHIKI》がかわいらしい車に乗っている姿を。

ホラーである。

彼の名誉のために言うが決してDQNではない。むしろ優しいイイ奴だ。
彼とはとても気が合い、どこか似た感性を持ち、高1からの付き合いである。
感性が似ているとはいったが、彼がなぜ赤い髪にしたのか私には理解できなかった。何が彼を紅に染めたのか…友達としてなんとか理解しようと試みるも、答えはでなかった。私は考えるのをやめることにした。むしろ、理解したくない。正気の沙汰とは思えない。さすが《YOSHIKI》である。
《YOSHIKI》の考えていることを理解などできるはずがない。
彼を真に理解できるのは桜木花道くらいだろう。
しかし、私からしたらいたって普通の友人の一人であった。

話を戻そう。
2車線の国道を彼の運転するマーチでドライブしていた時のこと。
深夜ということもあり、車や人通りは多くない。
そんな中、一台の車が後ろから煽ってきた。今話題の煽り運転も当時から存在していたのだ。

おそらく、奴らはマーチに乗っているから舐めていたんだろう。
運転しているのが《BOØWY》の《YOSHIKI》だとも知らずに。

そのまま10分くらいが過ぎた頃だろうか。奴らは追い抜いてきた。そのまま私達の車を置き去りにしようとしたその時。

歴史が動いた!

《YOSHIKI》が動いたのだ!

彼はアクセルを踏み込み、奴らの横につけながら、運転席側の窓を開けた。私達が左車線で奴らが右車線だ。奴らが3人組だとその時わかった。
窓が全開なので奴らの表情がよく見える。併走している奴らの頭の上にクエスチョンマークが浮かんでいるようだった。
かくいう私もクエスチョンマークが10個くらい浮かんでいたのだが。一瞬ではあるが、奴らと同調したのを感じた。《YOSHIKI》を除いて。
この場において唯一クエスチョンマークのない男。それが《YOSHIKI》だ。唯一無二の存在が《YOSHIKI》なのだ。
その唯一無二の存在が、助手席に座っていた私の目の前のダッシュボードを徐に開いた。
この時点で私のクエスチョンマーク数は80個に到達していた。

私は自分の目を疑った。
ダッシュボードから出てきたものは、真っ黒な漆黒の

銃だったのだ。

真っ黒と漆黒という二重ワードをしてしまうくらい、私は混乱していたのだろう。俗に言う「腹痛が痛い」現象だ。
銃。チャカ。ガン。呼び名は分からない。しかし、ソレは間違いなくそのどれかだった。
最早、私のクエスチョンマーク数は420個は突破していた。

彼は真っ黒な漆黒銃を手に取ると、窓から腕を出し、奴らに向けたのだ。
奴らのクエスチョンマーク数は計測不可を示していた。

《YOSHIKI》は躊躇うこともなく引き金を引いた。
「バン・バン・バン・バン・バン」
5発だろうか。
奴らの窓ガラスが割れるかと思われたが、、、、、

そんなこと起こるはずもなかった。

エアガンだったからだ。

走行中の車から撃つとBB弾は空気抵抗によって後ろに流れることを初めて知った。
私が聞いたであろう「バン・バン・バン・バン・バン」は「プスゥ・プスゥ・プスゥ・プスゥ・プスゥ」だったのだろう。

様々な疑問が頭をよぎる。
なぜ、ダッシュボードにエアガンを積んでいるのか?
なぜ、撃とうと思ったのか?
なぜ、撃った瞬間これ以上ない楽しそうな笑みをしていたのか?

私はそっと瞳を閉じ、思考した。
そして、ひとつの答えに辿り着いた。

彼は《BOØWY》の《YOSHIKI》である。

それ以上でも、それ以下でもない。

「その時歴史が動いた」からここまで僅か26秒の出来事である。

その後、奴らはものすごい勢いでスピードを緩め、右折して身を隠したのである。
彼らが今、どのような人生を歩んでいるかは知らない。
しかし、煽り運転はしていないだろう。
なぜなら、数年分のクエスチョンマークをたった26秒で消費してしまったのだから。
彼らは《ドライブ》が《アライブ》であった事に感謝しているはずだ。
彼らの人生が豊であることを切に願う。

その日は《紅》が頭から離れず、エンドレスループだったのは言うまでもない。
posted by ぷーりん at 14:21| 日記

最近のスマホは写真画質が綺麗ですね。

honjo-icon.png長年使っていたスマホの調子が悪く、代わりの機種を探していたのですが、考えていたスペックと違うものばかりで、新機種が出るのを、もう少し待とうと思っていました。
しかしながら、再起動しながらでないと使えなくなてきたため、やむをえず国産では無い機種を選ぶことに。(まあ、国産と言っても外国で作っているのですからね。)
iD や nanako などの電子マネーが使えて、テレビが付いていない、電池の持ちが良い、カメラもそこそこ写りが良い、などの条件で考えていたら HUAWEI になりました。
最初は情報を抜かれると言われて中国製は敬遠していたのですが、他のスマホでも情報は遠隔操作で抜かれる時代なのだ。…と勝手に解釈して新しいスマホを購入。
日曜日に新宿へ出かけた時に夜景を撮ってみたらプロ並みの写真がいとも簡単に撮れました。IMG_1202_bus.jpg

タグ:スマホ
posted by ぷーりん at 08:26| 日記

2018年12月03日

小魚が来るのを水路で待つコサギ

honjo-icon.png自宅から5分程の和泉多摩川河川敷へ行くと、水路で小魚を待つコサギに出会った。
コサギはサケなどが川を遡るための水路で、小魚を待っているようです。
正直言うと、ここで待つよりも下流にある小さな滝水流の方が取れているようだよ。
……と教えてあげたい。他のコサギ達は下流で上手に小魚を捕ってます。
がんばれコサギ!
OI000156.jpg
posted by ぷーりん at 18:35| 動植物

2018年11月20日

娘の誕生日プレゼントはドローン

奥澤90×80.png娘が先日10歳の誕生日を迎えました。プレゼントに何が欲しいかと聞いたところ、なんと「ドローンが欲しい」。

近所のショッピングセンターで探したところ、小さい室内専用タイプが4,500円で売っていました。
これはわたしの小遣いからの出費。厳しいですが娘は本当に欲しいそうなので仕方がありません。

購入したドローンを娘に借りて操縦してみましたがまったく思い通りに動いてくれません。
ちょっと上昇させると天井に直撃します。室内専用の意味がわかりました。屋外で飛ばしたら、きっとどこかに飛んで行ってしまいそうです。
ホバリングの機能が無いので空中停止ができません。6,000円のモデルならできるそうです。

それでも念願のドローンを手に入れて娘は嬉しそう。
ラジコンカーが欲しくても高くて親に買ってもらえなかった私にしてみれば、空を飛ぶラジコンがたった4,500円ですから時代の移り変わりを感じました。

ドローンが空を飛んでいる写真を撮りたかったのですが、動きが早すぎてカメラが追いつかず無理でした。

image_doron.jpeg
posted by ぷーりん at 15:58| 日記

2018年11月16日

おっさんパワー

西方ブログ用アイコン.pngまだまだやれるぞ!おっさんパワー!
日々スタミナの上限値が減ってきているように思えますが歳のせいにせず、気のせいだと思い込む事とします(笑)あ、単なるライブ告知です。メンバーの過半数以上がアラフォーですが、かつて自分達が影響を受けたアーティストのカバーバンドだけに力が入っております。簡単なアイメイク程度ではありますが一応したりします。出番は17時からとなりますので時間に都合がつけば気晴らし・冷やかし程度に見に来てやってください。
GF.png
posted by ぷーりん at 17:46| 日記

2018年11月15日

忍者しおり

ToricK.png秋のふかまりとともに風邪を引いている人を見かけるようになりました。
皆さん、健康に気をつけていますか。
私も少し咳き込みつつ、オリジナル商品を考えて見ました。
今回は忍者しおり。
忍者のイメージでかたどった人型しおりです。
手や足の部分に折り目を入れたので簡単なポーズをとることもできます。
ディスプレイの上でぶらりと座ってみたり、メモを持たせてみたり…。
なんか、しおりから離れてきてますか…。

プリント一番星では皆様のオリジナル商品創りに協力しています。
しおりやコースター、商品の袋入れに使うヘッダー部分の印刷など、
ぜひ一番星をご活用ください。

忍者しおり1.png
忍者しおり2.png
忍者しおり3.png
posted by ぷーりん at 15:02| 日記

2018年11月14日

手元の飲み物のお話〜その3〜

きたむ個人あいこん.png自分の仕事や趣味をする時に、手元の飲み物は何ですか?

飲まないという人もいるでしょうが、それは一旦(略)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
完徹しないといけないとき、
ランナーズハイな感じで作業したいとき。
手元には何がありますか?

栄養ドリンクです。

一番星の職場では、モンスターエナジーを飲む人をよく見かけます。
レットブルより値段が安くて、量が多いからでしょうか。
純粋に味の好みでしょうか?
僕もレッドブルよりモンスターの方が多いです。
家の冷蔵庫に2〜3本ストックがあります。

しかしそれ以上にストックしている栄養ドリンクがあります。

西友オリジナルブランド
「皆様のお墨付き エナジードリンク」
です。

Image-1.jpg

1本150円(2018年11月現在)で、エナジードリンクにしては安いです。

しかもカフェイン濃度が濃い!!

濃ゆいです。自分は感覚が麻痺しているので気づきませんが。。。

もっと、強烈にカフェインを摂って、オールナイトランナーズハイを経験したい方は、
トメルミンやエスタロンモカといったような錠剤タイプをお勧めします♪( ´▽`)

マツキヨのオリジナルブランドの栄養ドリンクもカフェイン濃いです。とっても。

それでは、充実した制作ライフを♪
posted by ぷーりん at 09:10| 日記