2018年08月25日

イヌビワに群がるコガネムシ

honjo-icon.pngイヌビワに群がるコガネムシ。そんなに美味しいのかな。
名前は「ビワ」ですが、イチジクの仲間です。今度食べてみるかな。OI000027.jpg
タグ:イヌビワ
posted by ぷーりん at 15:26| 動植物

カナブンとコガネムシ

honjo-icon.pngカナブンとコガネムシはよく似ていますが、見分けるのが難しいですよね。
カナブンは大型のハナムグリの一種で、色は黄土色や赤銅色が特徴で、頭は四角く背中が平べったい形をしています。
コガネムシはカナブンより若干小さいく、色は美しい金属的な光沢をもつ緑色の割合が強いです。
カナブンは前の羽を閉じ、後ろの羽で飛ぶことができますが、コガネムシは前の羽を閉じたまま飛ぶことができません。
OI000022.jpg
posted by ぷーりん at 10:50| 動植物

2018年08月21日

三毛猫の大半はメス

honjo-icon.png三種類(黒、茶、白)の毛色を持つ綺麗な三毛猫ですが、実はほぼ全てがメスだということをご存じですか?
三毛猫のオスがなぜ少ないかといえば、毛色の遺伝子がメスの性別を決めるX染色体の上にしかのらないことが理由だそうです。
三毛猫は幸運を招くと古くから信じられていて、航海安全の守り神とされ、特にオスの三毛猫は希少性のために珍重されていたそうですよ。
ちなみに雄の三毛猫が生まれる確率は3万匹に1匹だそうです。
(八丈島の植物公園にいた三毛猫)P1010166.JPG
タグ:三毛猫
posted by ぷーりん at 12:35| 動植物

2018年08月17日

ハチジョウカグマ(シシガシラ科)

honjo-icon.png 八丈島へ帰省した時に三原山へ登ったのですが、途中で面白い植物、ハチジョウカグマを見つけました。
 ハチジョウカグマは、崖や斜面に生える大型の常緑性シダで、母種のコモチシダよりもさらに大きく、普通でも2mを越えるものが珍しくありません。
 別名をタイワンコモチシダと言います。コモチシダと同じように、葉に無性芽をつけるが地面に落ちてしまうと殆どが枯れるそうです。
IMG_20180812_112344.jpgIMG_20180812_112354.jpg
posted by ぷーりん at 17:26| 動植物

2018年08月10日

換羽(かんう)

honjo-icon.png昨日、路上で見つけた綺麗な羽根。
それぞれ別の場所で見つけたのですが、羽根の図鑑で調べると、どちらもハトの羽根のようです。
鳥の羽根が生え換わるのを換羽(かんう)と言います。
ほとんどの鳥は繁殖期前後の夏から秋にかけて行われ、換羽は非常にエネルギーを消耗するので、餌が多く、過ごしやすい気候の中で全身の羽根を交換するそうです。
ちなみに、ガンカモ科の鳥は、風切り羽が一気に生え換わるので、少し飛べない時期があるそうですよ。
……ごちそうさまです(笑)hane.jpg
タグ:羽根 換羽
posted by ぷーりん at 09:12| 動植物

2018年07月27日

懐かしいアオバハゴロモ

honjo-icon.png 小石川植物園の外壁にとても懐かしい「アオバハゴロモ」を見つけました。子どもの頃にはよく見かけたのに、大人になると見えなくなるのでしょうか?
 卵を枯れ枝の中に産み込み越冬し、5月頃にふ化して幼虫も成虫も植物の茎や枝に寄生します。
 幼虫の頃は白色で綿に包まれたような格好をしているので、小学生の頃は名前が分からず「妖精」と呼んでいました。
IMG_aobahagoromo.jpg
posted by ぷーりん at 08:29| 動植物

2018年07月24日

不忍池の蓮

honjo-icon.png2018年7月24日の10時頃に不忍池を通りました。
蓮の花も沢山咲いていましたよ。
やはり午前中は花びらが開いていて綺麗です。


IMG_20180724_094514.jpg


IMG_20180724_094419.jpg
posted by ぷーりん at 12:56| 動植物

2018年07月17日

蓮の花

honjo-icon.png不忍池の蓮が満開間近の様です。見頃は7月〜8月上旬でしょう。
蓮の花は午前中の8時〜9時頃の間に、その日の満開を迎え、お昼までには閉じて蕾へと戻ります。
これを3〜4日繰り返し、蕾に戻りきれない花がそのまま力尽きて残り、翌日までに散ってしまうのです。

ueno-hasu.jpg
posted by ぷーりん at 13:33| 動植物

2018年07月06日

小石川植物園のモンキアゲハ

honjo-icon.png7月5日、この日は暑く小石川植物園裏の細い路地でモンキアゲハが、アスファルトに降った雨水を補給していたようだ。
近づくと、最初は逃げていたのだが、少しずつ慣れてきたようでスマホで撮影することが出来ました。
モンキアゲハ(オス:夏型)
小石川植物園のモンキアゲハ
posted by ぷーりん at 14:12| 動植物