2019年03月19日

人懐こいツグミ

honjo-icon.pngこの時期になると、多摩川河川敷の開けた草叢ではツグミをよく見かけるようになる。
首を上に伸ばしたり、小走りに進んでは立ち止まり、辺りを見ながら採食しているのです。三羽くらい居ると、まるで “だるまさんが転んだ” をやっているようで、ちょっぴり滑稽なのです。

河川敷では人が常に遊んでいることもあって、ツグミはカメラを向けて近づいても逃げる事は少なく、他の鳥に比べて大きく撮れるのが面白いです。

ツグミに比べ全体に赤みを帯びた “ハチジョウツグミ” も見かけることがあります。この名前は八丈島で捕獲されたことに由来しているそうです。

夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季に越冬のため飛来したツグミはそろそろ北国への旅が始まるのかな。

tsugumi.JPG
タグ:ツグミ
posted by ぷーりん at 18:56| 日記