2018年12月13日

提灯竿もみまつり

鈴木アイコン.png私の地元には“提灯竿もみまつり”という奇祭があります。
あなた今、シモ系を想像しましたね?
竿を揉むと聞いたらすぐこれだよ。

確かに、奇祭と謳うお祭りは性器に纏わるものが多いですが、うちのは違います。
そもそも“自称”奇祭なんじゃないかなと思っています。
周りで誰も言ってないし。

話が逸れましたが“提灯竿もみまつり”というのが毎年12月にあります。
竹竿の先の提灯に火を付けてぶつけ合って火を消した方が勝ちというシンプルなものです。
提灯に火を付けるので、夜に行われるお祭りです。
町内会毎のトーナメント式ですが、まともに見ているのは参加者くらいです。
殆どの人が屋台やお酒を飲むことをメインに来場しているんじゃないでしょうか。
お祭りなんてそんなもんですよね。

そんな理由で子どもの頃以来、足を運ばなかったお祭りに今年は行こうかなと思っています。
若い娘がたくさん来ているとは思いますが、健全な夜を過ごしてきます。
posted by ぷーりん at 13:42| 日記