2018年11月13日

手元の飲み物のお話〜その2〜

きたむ個人あいこん.png自分の仕事や趣味をする時に、手元の飲み物は何ですか?

飲まないという人もいるでしょうが、それは一旦置いておいて、
お話ししますm(_ _)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本茶が手元にある人はいらっしゃいますか?

僕は時折、日本茶です。
オールの時、たまに日本茶です。

コーヒーより目が冴えますから。個人的に。

80度のお湯で淹れて蒸らした時に、
日本茶の葉は美味しく味が出ると言われています。
厳密には葉の種類とかで違ってきますが、ここではスルーします。

器にお湯を注ぐと、その時お湯は器に熱が奪われます。
飲む器に一回お湯を直接そそぎ、それから茶葉が入った急須にお湯を移すと良い感じです。
器もあったまります。

急須で1分前後放置して葉を蒸らして、器に注ぎます。
ある程度は美味しく仕上がっているはずです。

本当に目を冴えさせたくて、お茶を飲みたいときは高いですが、
玉露をお勧めします。

玉露は80度だと、味が出すぎて渋くなってしまうので、適性は60度。
60度のお湯を用意するために、さらに器を一つ用意します。

飲む器に入れ、用意した器に移して、それを茶葉が入った急須に入れる。
さっきと同じように蒸らして、完成です。

ちなみの玉露は一度使った葉にまたお湯を注いで、もう一度楽しめます。

茶道とかで使う水を一晩置いておいてからでないと使えないってのがありますが、
あれはカルキ抜きなので、浄水器あればやらなくていいよーって、
お茶の先生しているおばあちゃんが言ってました。

それでは、良い制作のひとときを!
posted by ぷーりん at 15:40| 日記