2018年07月27日

懐かしいアオバハゴロモ

honjo-icon.png 小石川植物園の外壁にとても懐かしい「アオバハゴロモ」を見つけました。子どもの頃にはよく見かけたのに、大人になると見えなくなるのでしょうか?
 卵を枯れ枝の中に産み込み越冬し、5月頃にふ化して幼虫も成虫も植物の茎や枝に寄生します。
 幼虫の頃は白色で綿に包まれたような格好をしているので、小学生の頃は名前が分からず「妖精」と呼んでいました。
IMG_aobahagoromo.jpg
posted by ぷーりん at 08:29| 動植物