2019年06月14日

忍城

ToricK.png休日に埼玉県行田市に行ってみました。
行田市は埼玉銘菓 十万石まんじゅうの本社がある所ですが、
今回の目的は “ お城 ”。
埼玉県でお城が観れる数少ないスポット“ 忍城 ”を見に行ってきました。
秩父鉄道の行田市駅で下車。
駅から徒歩15分ほどで行けるというので駅周辺で昼食を食べてから行こうと思ったが…。
駅の周辺に飲食店がない。コンビニもない。
閉店したと思われるレンタルビデオ店がポツリ…。
参ったな、数年前に映画「のぼうの城」で脚光を浴びたので、
もっと街が賑わっていると思い込んでいました。
休日は街ごとお休み? 休日は集客のチャンスじゃないのかい?
駅からちょっと離れた観光案内所でいろいろ聞いて、
「そば処 忠次郎蔵」でお蕎麦をいただきました。
お店の外観は風情があってお蕎麦も美味しかったです。ホッと一安心。
さて、再び歩いて忍城に到着。
お、結構立派!
でも、なんか小規模のような…。
歴史上の忍城は秀吉軍の水攻めにも耐えた名城と聞くが…。
実際にあったお城は明治時代に取り壊されて、
昭和63年頃、城址公園に御三階櫓(ごさんがいやぐら。天守の代用的な役割)が再建されたそうです。
隣接された資料館とつながっていて中に入れます。中は普通の資料館。
天守のように見えてそうでない。立派なようで少し残念。
ん〜〜、なんだろう、この微妙な気分。埼玉って…
(埼玉の名所を紹介するつもりが、変な記事になってしまった。)
資料館の中にはヨロイ試着体験コーナーがあって賑わってました。
兜が結構重かったなぁ。
忍城見学の後は近くの「かねつき堂」で行田名物「ゼリーフライ」を食べました。
おからとじゃがいもで作られた衣無しコロッケです。
小判のような形をしていることから、“銭ふらい”と呼ばれ、
それが変化して「ゼリーフライ」と呼ばれるようになったらしいです。
衣がない以外は普通のコロッケかなと思いましたが、お店によって個性が違うらしいので今度行田に行った時は別のお店のゼリーフライも食べてみたいなぁ。

gyouda.png

siro.png

fly.png

soba.png
posted by ぷーりん at 16:00| 日記