2019年06月08日

B宝館

ToricK.png西武線沿線の見どころといえば自然の景色があります。
このブログでは飯能のバーベキュースポットを紹介したこともあります。
今回はそうした自然の景色とは違う、一風変わったスポットにでかけてみました。
西武新宿線の新所沢駅から徒歩10分くらいのところに「B宝館」という博物館があります。
ここは経済アナリストの森永卓郎氏が個人で経営していて、森永氏が50年以上かけて集めたコレクションの数々が展示してありました。
ミニカー、カップラーメンやタバコのパッケージ、お菓子のパッケージ、飲料水などの空き缶、グリコのおまけ、雑誌などの付録、崎陽軒の醤油差し、携帯電話、カメラ、おもちゃ、芸能人や著名人のサイン(各サインはダジャレがしかけてあって蛇口に矢口真理とか)、アイドルグッズなどなど。
昔流行った「チョコエッグ」の「ツチノコ」を初めて見ました。(ツチノコは滅多に手に入らないレアな商品でした。)
特にミニカーに対する思い入れが強いようで、展示数が半端ない感じ。ミニカーを集めすぎて自宅が沈下しかけたことがあったという逸話を聞いたこともある。
とにかく約10万点以上の展示物に圧倒されました。収集に3000万円かけたとか…。スゴい…。
「B宝館」のBにはB級で、ビンボーで、おバカだけど、ビューティフルという意味が込められているとのことですが、よくマメにいろいろ集めたなぁ〜と関心、感動しました。
毎月の第1土曜日のみ営業していて、入場料は800円。(入場料が高いと感じるか、安いと感じるかは好みかな〜)
雑誌で紹介されたことがあるので行ってみましたが入場者はまばらだったなぁ。まだ知名度は低いのかな? まぁ、おかげで混み合うことなく自由に見学できました。興味のある方は一度行ってみるといいですよ。
B宝館1.png

B宝館2.png
posted by ぷーりん at 10:32| 日記